吉田キャストは日本で一番歴史の長い鋳造機メーカーです

〒331-0811 埼玉県さいたま市北区吉野町2-269-5
048-662-7730(代表)

鋳造機

デジタルフルオート 真空吸引加圧鋳造機

YG-30S

タッチパネル&フルオート
真空・吸引・加圧・吸引加圧鋳造機

特長
タッチパネル&フルオート/吸引・加圧・吸引加圧鋳造機

吸引・加圧・吸引加圧鋳造を大気・真空・不活性ガス溶解/加圧で鋳造が可能なハイエンド吸引加圧鋳造機です。
2種類の不活性ガスを溶解ガスと加圧ガスで、それぞれ個別に導入が可能です。
また、鋳造物の酸化膜を薄くするモードや宝石等を石留したストーンキャストにも対応。

ツインPID搭載

ツインPIDとは、低単価製品の製造に重要となる単位時間あたりの鋳造鋳型数量を稼ぐ為、少しでも早く鋳造を行うためのスピードキャスト実現する温度制御です。目標温度にダイレクトに到達できます。
一方、品質優先のキャストの場合、表示温度とルツボ内の地金の温度差を少しでも無くし、より実際の温度に近い状態で鋳造することで、更に良い結果を得られる場合があります。
特に大容量の鋳造の場合には、溶解開始から鋳込みまでの時間を十分取ることが望ましい場合があります。
YG-30Sは、このどちらの溶解プロセスにも対応することが可能です。

クイックスタート機能

真空鋳造/不活性ガス鋳造のセレクト時にクイックスタートモードを選択すると、真空引きの開始と同時に加熱がスタートします。
これにより更に鋳造時間の短縮が可能です。

クイックスタート機能

従来の自動機では、鋳造開始のタイミングは事前のセッティングにより決定されるため、自動運転中に鋳造タイミングの変更は不可能でした。それがゆえに、『初めてのデザインや金属をキャストする場合には、自動機は不向き』を評されてきました。本機は、このPIDフルオート制御モードでも、必要であれば、キャスト温度を途中変更できるようにデザインされていますので、初めての金属デザインでも金属の溶解状況に合わせて鋳造が行えます。
また、弊社の従来鋳造機(YGP-5AE等)を既にご使用していただいているユーザー様向けに、目視による溶解を確認後に『溶解確認ボタン』を押し『キャストタイマー』による時間制御(非PID制御)での鋳造を自動/手動キャストの両方で対応しています。この場合でも、出力調整(KW変更)の変更が可能で、タッチパネル内のUP/DOWNキーで感覚的に行うことが可能です。

システムチェック機能により、万が一機械不調が発生した場合でも、モニタリングが可能

デジタル信号の伝達状況がモニターできるシステムチェック機能を搭載しています。
これにより、より迅速な修理が可能となりました。

製品情報
形 式 YG-30S 入力電源 三相200V 10kVA
出 力 7.5kW 機械サイズ 800W×700D×1315H(mm)
重 量 約274kg 最大鋳型 100φ×200H(mm)
運転モード オート/セミオート/マニュアル 鋳造雰囲気 大気/真空/不活性ガス
(溶解用、加圧用2系統配管)
鋳造方案 真空吸引加圧鋳造/底注ぎ式傾注
圧力範囲 真空-0.1~加圧+0.35Mpa(通常標高) 最大溶解量 K18 2kg/シルバー 1.2kg
測温装置 Kシース熱電対 温度制御 ツインPID/自動温度制御
(最大40メモリー)
操作方式 デジタルシーケンス・タッチパネル操作
メモリバンク容量:50メモリー
オプション Rシース熱電対

ページトップへ