吉田キャストは日本で一番歴史の長い鋳造機メーカーです

〒331-0811 埼玉県さいたま市北区吉野町2-269-5
048-662-7730(代表)

鋳物の割れ|鋳造欠陥の種類から見る『鋳造品で失敗しがちな3つの原因』④

鋳造欠陥とは、鋳造工程において起きる鋳造(鋳物)の不具合のことを指します。鋳物の割れや表面の荒れ、内部に空洞ができる鋳巣など、不良現象は様々です。鋳造欠陥はいくつかの種類に分類され、それぞれ異なった原因を持っています。また、鋳造工程が多岐にわたるため原因は1つとは限らない場合もあり複雑なケースがほとんどです。

代表的な不具合は、大きく6個のカテゴリーに分類されます。今回は「鋳物の割れ」の原因と対策から見ていきます。

  鋳込み不良 鋳肌の荒れ バリ/突起 鋳物の割れ 鋳巣 ヘコミ

鋳物の割れとは

凝固中、鋳物本体の最終凝固部や溶湯の先端部にヒビや割れが発生する現象です。

割り金として銅の含有比率が高い指輪などの宝飾品(ピンクゴールドやレッドゴールドなど)の場合、鋳造直後に割れは見られませんが、指輪のサイズ直しなどで再度金属を加熱した際に割れが発生することもあります。

鋳物の割れはなぜ発生するのか、その対策

鋳物の割れが起きる原因は大きく3つに分類されます。それぞれ原因と対策を紹介していきます。

原因1 湯境による割れ

鋳造時に複数方向から流れる溶湯が交わる地点で、溶湯先端部が互いに正面から合流するときの温度の不足により衝突合流面に境目が発生します。

片方の先端が丸く、もう一方の先端は丸くえぐれた形状になるのが特徴です。鋳型の鋳造温度、または地金の鋳造温度を上げて凝固時間を長くとってください。

原因2 粒界割れ

多結晶金属(合金)は、結晶粒の間にガスや異物(金属間化合物や酸化物)などが閉じ込められています。結晶と結晶の間で密着度が低いために凝固の際、収縮の応力が集中する場所や溶湯の合流結する場所など、内在ガスや不純物が溜まりやすい場所に割れが発生します。

ガス抜きのベントを取り付ける、湯道の太さや取り付け場所・角度を変更する、などして溶湯の合流地点を変更してください。

原因3 収縮割れ

指向性凝固が確保されず、凝固部分が時間差で凝固収縮するときの応力に負け引き裂かれるように割れる現象です。

指向性凝固とは

一般的に高温の物体(物質)は、温度が高いほど膨張します。金属も例外ではなく(一部の金属で温度収縮アリ)特に鋳造では金属が溶解しているので大きく膨張していますが、金属の状態(相)が溶解から凝固へ向かう時には、収縮します。

この特性から、鋳造では、鋳物の先端部から溶湯の供給元へと順番に凝固させることを指向性凝固と呼びます。この指向性凝固を行うため、湯道の『太さ』『長さ』『場所』を決めます。

鋳物の割れの対策まとめ

紹介した原因から分かる対策のまとめです。

① 鋳型・地金の鋳造温度を上げて凝固時間を長くする

② ガス抜きのベントの取り付けをする

③ 湯道の太さ・取り付け場所・角度を変更する

④ ピンクゴールドやレッドゴールドの場合は、鋳造直後に鋳型を冷却させて凝固時間を短縮させる。

原因はひとつとは限りません。すべての項目をもう一度見直して様子をみてください。

ページトップへ